こっとんふらわぁ

パッチワークの作品、教室、日記。

Category [バック ] 記事一覧

高級ウールのバック もう一息

R-66の八加部 正子先生のキット『ブランド布で作るショルダーバック』ですが刺繍とビーズ付けが終了し・・・厚地のウールが重なって、ほつれやすいツィードでのバインディングは少し大変でした。ここまでできたので、あとは気楽な作業が残っているだけです。今日の作業はこれ。京都のファブリックブランド・KIKI PARFAITさんの布を使ってのレッスンバックです。今回はこの布を使います。淡いピンクのグログランは光沢の織り模...

高級ウールのバック 仕立て中

昨日アップしたハリスツィードのショルダーバックのキットと一緒に『ブランド布で作るショルダーバック』のキットも購入していました。昨日、まどれーぬちゃんから荷物が届いて、次のイベントに向けての私担当のものがどっさり届いてるんだけどそれに手を付けてしまうと、このウールが来シーズンになってしまう・・・と金曜日からやり始めています。ミシンで出来るとことを先に終わらせて、今日はハンド作業をしていました。これは...

ハリスツィードのショルダー

キルトハウス R-66 の八加部 正子先生の今年の新作キットハリスツィードのショルダーバックが出来上がっています。オールミシンなので、サクサク縫いあがりました。ハリスツイードっぽく、タグの下に革を付けたかったけど、手持ちに無く・・・Chocoleine・lu miere のロゴはお知り合いの方がミシン刺繍で作ってくださいました。マチがあるので、必要なものは収まります。これはウールなので、手持ちの布で春・夏バージョン...

おしゃれなバック完成(キット)

キルトハウスR-66の八加部 正子先生のキットのバックが完成しています。毎年、新春に新しいバックのキットを作られますが、お教室の生徒さんたちで完売してしまうことが多いです。完売しても、追加キットが出来るときは、私に連絡してくださいます。これは2016年度のバックのキットでした。手に入ったのが春だったので、作り始めたのは昨年の11月です。自宅教室のharuさんも毎年、先生のキットを買われるので一緒に作り...

本革+シルクのショルダーバック

11月に大阪・南港で開催された「幸せのキルト展」でキットを購入したショルダーバックですが完成して娘の引越しに持っていき、重宝しました。表側は上部分に本革をブランケットステッチで縫い付け、裂いたシルクを刺繍糸ステッチ。後ろ側は全体に本革を縫い付けています。横から見ると、バック部分が二つに分かれています。物を入れるところは3つになっているので便利です。一緒にキットを購入した生徒さんも完成しています。チ...

左サイドMenu

プロフィール

こっとんふらわぁ

Author:こっとんふらわぁ
布に触れているひとときがしあわせ!
パッチワークは、自分で作ることも
人に教えることも大好き!
大阪市淀川区から山口県岩国市に
転居しました。
自宅教室を始めました。
お問い合わせはメールフォームから
お願いいたします。

 文部科学省認可
公益財団法人
「日本手芸普及協会」
  パッチワーク指導員

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

フリーエリア

右サイドメニュー