こっとんふらわぁ

パッチワークの作品、教室、日記。

Entries

キルト展&美術館展へ

日本橋三越で開催中の「お江戸日本橋キルト展」に行ってきました。

P5040982.jpg


キルト展もですが、是非とも講習会に参加したくて開店と同時に入場しました。

受けたかったのは飯高悦子先生の講習です。

先生のことは存じ上げなかったのですが前の晩の飲み会でお友達から伺いました。

まっ先に講習ブースに行ってみたら、いただいた整理券は1番でした~

教えていただいたのは和布を使ったリバーシブルのミニマットです。

お噂の通り、「せっかくなので、勉強して帰ってくださいね」と

この縫い方テクニックだけでなく、その応用の仕方なども教わりました。

私もつい色々質問したり、おしゃべりしてしまうのですが

参加者さんの中にもうひとり、楽しい方がいらしてなんと宮崎にお住いだそうで

お名前を伺うと、キルト雑誌などで何度も目にしているキルト作家さんでした。

このキルト展にもご自身の作品が展示されていました。

40分くらいで完成しましたが、先生とそのキルト作家さんのおかげですごく楽しかったです。

最後くらいは、周りにギャラリーがたっくさん!縫ってる手元をガン見されました。

覗き込んでる人に私も質問され、つい答えてしまいました(笑)

先生が使われてた針ケースがすごく便利で、「いいですねぇ。どこのですか?」と

伺ったら、アメリカ製でした。 欲しいなぁ・・・!!!

完成したものです。

20150508214409447.jpg

キルト展に来られてる方、すごく多いです。

お買い物のレジ待ちも半端なく多いです。

広島はもちろん、関西のキルト展でもここまで大勢のお客さんはあまりお目にかかれないです。

ショップでは初めてのとこでキットを買いました。

そのショップは関西には出店されないそうで、知らなかった筈です。

先生からたくさんお話しを伺い、「教室をされてるなら、生徒さんが喜びそうなのは・・・」と

簡単できれいに仕立てられるよう工夫をしてるというキットを

いろいろ勧めてくださり、その中からいくつか買ってきました。

作ってみて、それを私なりにアレンジしたものを生徒さんに伝えられたらな、と思います。

お馴染みのセルフィッシュさんでは先生お勧めの昭和レトロな布パック(お買い得!)

新品のスケールの目盛付きの持ち手をゲットしました。



キルト展示作品も大満足でした。

ミシンよりもハンド仕立てのほうが多かったです。

3回くらい回って見ましたが、いきなり腕をつかまれて、うん?と見ると

最後に前日お会いしたハイビスカスさんでした。

飯高先生のことを教えてくださったのがハイビスカスさんだったので、

さっそく出来上がったマットを見てもらいました。



三越のあとで、妹と待ち合わせ国立新美術館で開催中のルーヴル美術館展に行ってきました。

20150508214406323.jpg

201505082144087da.jpg

午後遅い時間だったので、それほど混んでなく、比較的ゆっくりと鑑賞できました。


それにしても東京の路線はややこしくて、各線入り乱れて、

延々と歩かないといけないし、難しいです。



ランキングに参加しています。
いつも応援クリックをありがとうございます。
とても励みになっています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

こっとんふらわぁ

Author:こっとんふらわぁ
布に触れているひとときがしあわせ!
パッチワークは、自分で作ることも
人に教えることも大好き!
大阪市淀川区から山口県岩国市に
転居しました。
自宅教室を始めました。
お問い合わせはメールフォームから
お願いいたします。

 文部科学省認可
公益財団法人
「日本手芸普及協会」
  パッチワーク指導員

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

フリーエリア

右サイドメニュー