こっとんふらわぁ

パッチワークの作品、教室、日記。

Entries

ハードチュールのバックインバック

かなり日にちが経ってしまいましたが、11月のミシンキルト教室で

堀北先生に教わった、ハードチュールを使ったバックインバックです。

教室で時間内に完成しなかったので、持ち帰って仕上げました。

PB281707.jpg



布部分がポケットになっています。

PB281708.jpg


ファスナーに口布を付けるやり方は、堀北先生が簡単仕立てを考えられました。

PB281706.jpg


ハードチュールだと、バックの中でも型崩れしないのがいいですね。

堀北先生から持ち物の連絡をいただいたとき、

ハードチュールを間違えないように、とわざわざ追記がありました。

前にこのハードチュールを使ってポーチを作るレッスンをしたとき

曲がらないように、宅配便の箱の底に入れて送ったので、見えてなくて

うっかり、教室に持っていくのを忘れてしまいました。

それで、藤本ミシンさんの近くの手芸屋さんに買いにいきました。

ところが買ってきたのは、このハードチュールじゃなくて

細かい網目のようになった、チュチュに使ったりするようなチュールでした。

自宅からちゃんとハードチュールを持っていってたのに、こんなものと間違えたなんて・・・

教室内にひびく大爆笑のなか

「間違えた自分が自分で信じられへん・・・」と自分も笑いながら大ショック。

ちゃんとお店で手で触って確認もしてるので、なおさら信じられへん間違えです。

そんなことがあったから、堀北先生がわざわざ注釈をつけてくださいました。

絶対に忘れられない、おバカな間違えです。

このバックインバックを来週の自宅レッスンで、福島教室ではこれをサイズ変更したものを

レッスンすることになっているので、今頃思い出してアップしたという次第です。

サイズ変更の見本も作らなくては・・・



ランキングに参加しています。
いつも応援クリックをありがとうございます。
とても励みになっています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

こっとんふらわぁ

Author:こっとんふらわぁ
布に触れているひとときがしあわせ!
パッチワークは、自分で作ることも
人に教えることも大好き!
大阪市淀川区から山口県岩国市に
転居しました。
自宅教室を始めました。
お問い合わせはメールフォームから
お願いいたします。

 文部科学省認可
公益財団法人
「日本手芸普及協会」
  パッチワーク指導員

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログランキング

フリーエリア

右サイドメニュー